笑いごとじゃない

No Laughing Matter

タイトル笑いごとじゃない
監督ペーマウンサメ
プロデューサーリンスンウー
撮影監督ペーマウンサメ
編集ゾーウィントェ
制作国ミャンマー
制作年2020
VDP上映年2023 -笑!-
上映分数30分
使用言語ビルマ語
字幕英語/日本語

作品紹介

著名な政治風刺漫画家ウー・ペーテインの深い洞察力を映し出す本作品は、風刺という芸術を通して人々の心を揺さぶる。1996年に録音されたまま眠っていた一連の音声テープを使い、ミャンマーの激動する政治情勢と風刺の歴史を掘り下げる。この作品は社会を映す鏡としての報道の自由と政治風刺漫画の意義を表明するものでもある。

ペーマウンサメ

監督

ミャンマー映画業界で20年以上のキャリアを持つインディペンデント・ドキュメンタリー映画監督。彼の最も有名な作品のひとつで、ミャンマーで起きた最大級の自然災害の後の生と死の共存を叙情的に描いた『Nargis – when time stopped breathing』は、20以上の国際映画祭で上映された。2013年にはイラワジ川および川に依存する人々が直面する脅威に焦点を当てた『The River, Our Ayeyarwaddy』をティザと共同で監督した。また、さまざまな国際NGOや現地NGOと協力してミャンマーの若手映画作家の育成に力を注いでいる。現在は、自身の映画制作のかたわら、さまざまなコミュニティーの学生の指導や報道機関への番組コンサルティングも行っている。

リンスンウー

プロデューサー

ミャンマーを拠点とするインディペンデント映画制作会社ターグー・フィルムズの共同設立者。制作した短編ドキュメンタリー映画の複数に受賞歴があり、人権と人間の尊厳の国際映画祭2015で最優秀ドキュメンタリーに与えられるアウンサンスーチー賞を受賞した『This Land is Our Land』は代表作である。短編映画制作の第一作は『Acceptance』で、2019年の第9回ワタン映画祭で観客賞と最優秀女優賞を受賞した。2020年には本作品を制作し、第10回ワタン映画祭で最優秀ドキュメンタリー賞を受賞した。2021年の長編映画『The Mist of Maya』はロカルノ国際映画祭オープン・ドアに入選した。現在、初の長編ドキュメンタリー作品『The Birdwatcher』の制作に着手している。リンスンウーは映像作品制作のほか、ミャンマーの少数民族に対して初心者向けの映画制作のワークショップなどを手がけている。

ゾーウィントェ

編集

ヤンゴンを拠点に活動するベテランの映画・ドキュメンタリー編集者。ミャンマーの商業映画界で9年間映像編集者として働いた後、2009年にドキュメンタリー映画とインディペンデント映画に制作の重点を移した。ミャンマーで最もよく知られたインディペンデント映画のひとつである『The Monk』(2014年)の編集を担当。彼が編集したドキュメンタリーは様々な賞を受賞し、多くの国際映画祭で上映された。現在も編集者として活躍するかたわら、ドキュメンタリーやインディペンデント映画の編集指導に携わっている。

制作チームへのインタビュー

このドキュメンタリーを制作した理由は?
どのようないきさつからこのテーマに取り組むこととなりましたか?

本作品は、1996年に録音された後に紛失したと思われていた音声記録を録音者の息子である監督が発見したことによって2020年に制作されました。ミャンマーでは植民地支配後の政治史は常に謎に包まれており、ミャンマー国民は過去から教訓や和解を得ることがあまりありませんでした。幸いなことに、植民地時代から1990年代の軍事政権時代に至るまでの報道の自由や政治風刺漫画の様子を垣間見ることができる音声記録を見つけることができました。歴史は繰り返すと言われます。残念なことに、この映画で扱われている問題の多くは、今日でも私たちが直面する社会的かつ政治的な重要課題として残されています。

審査員コメント

速水 洋子

京都大学東南アジア地域研究研究所教授 文化人類学 

2020年制作、つまりミャンマーの2021年軍事クーデターよりも前の作品です。時代を通じて社会と政治の関係を描いてきた漫画ジャーナリズムの笑いの力が、カセットテープの音声で流れる漫画家(「本人」の父)の講演の声とその途中で起きる聴衆の笑いとともにひしひしと伝わります。このカセットテープが作品の力の源になっています。映像と音声の豊かさ、歴史や背景、漫画を描くこと自体の政治性と、それを笑いで表現することによる力を濃密に描けていて、現在のミャンマーの市民の顔を想起させる映像です。

セインリャントゥン

映画作家、プロデューサー

本作品はミャンマーの伝説的な漫画家であるウー・ペーテインの素晴らしい作品をアーカイブしている。監督の父親が残した漫画やアート作品の画像に貴重で魅力的な漫画家本人の肉声を重ね、イギリスの植民地支配から現代までのミャンマーの政治状況を風刺している。作中に登場する漫画のセリフは全て翻訳されているわけではないものの、風刺という普遍的言語がそれぞれの時代の政治や社会の力学を嘲笑する様は力強い。このドキュメンタリーは伝説的な風刺漫画家の記録として他に類を見ない。また、東南アジアの漫画家たちがそれぞれの国の政治状況や社会をどのように描いてきたのかについての興味をかき立てる。観るものを惹きつける漫画を使い、よく編集されている。漫画の中のセリフも全て翻訳されるとよいのにと思った。

関連作品