プロジェクトについて

Visual Documentary Project(VDP)は、映像を通して東南アジア地域の現状を捉え、多角的な議論を深める場を提供することを目的として2012年度に開始した事業です。
東南アジアに関する従来の学術研究の蓄積・成果を補完し、日本および東南アジアの若手フィルムメーカーと地域研究者の架け橋になることを目指します。

VDPでは、毎年異なるテーマに沿った短編ドキュメンタリー作品を募集し、広く一般に上映して監督・市民・地域研究者が交流を行っています。
今年のテーマは「ジャスティス」です。

 

これまでの応募数

ミャンマー・フィリピン・カンボジア・マレーシア・インドネシア計5カ国から5作品を上映しました。