人は地に、ワニは水に

Saya di Sini, Kau di Sana (a Tale of the Crocodile’s Twin)

タイトル人は地に、ワニは水に
監督タウフクラフマン・キフ
プロデューサームハンマド・ファンチュリ、サラ・アディラ
撮影監督アグン・デルマワン、タイフィクラフマン・キフ
編集タイフィクラフマン・キフ、アンマル・ザクワン
制作国インドネシア
制作年2022
VDP上映年2023 -笑!-
上映分数18分
使用言語インドネシア語
字幕英語/日本語

作品紹介

ワニと人間は、津波の危険がある地域で生活の場を共有して、互いに相手を警戒しながら暮らしている。本作は、地元の古文書、民話、神話に残された古い知識を再発見し再解釈する旅に誘う示唆に富んだドキュメンタリー映画である。過去の言説と現代の生態学的理解の複雑な関係を考察し、それらが現在の環境問題にどのような貴重な洞察を提供しうるかを明らかにする。

タイフィクラフマン・キフ

監督

タイフィクラフマン・キフは、絵画、写真、音楽、映像、映画、パフォーマンスアートなど様々なメディアを駆使する分野横断的なアーティストである。2016年、スラウェシ島パルに拠点を置くアート・コレクティブ「フォールム・スドゥットパンダン」を共同設立。2022年には、絵画、音楽、パフォーマンスアートを通して都市を記録しアートと境界を越える実験スペースの「MUTUALS」というプラットフォームを開始した。本作はオーバーハウゼン国際短編映画祭(2023年)で審査員特別賞を受賞した。監督の縦型実験映画『Rotation』は複数の縦型映画祭や実験映画祭にノミネートされた。

ムハンマド・ファンチュリ

プロデューサー

ムハンマド・ファンチュリは映画展示・上映プラットフォーム「クラブ・プノントン」のプログラム制作担当兼マネージャー。スラウェシ島パルに拠点を置くアート・コレクティブ「フォールム・スドゥットパンダン」のメンバー。2023年に本作を共同制作。現在、フィルムアーカイブ集団で活動中。

ラフマディヤ・トリア・ガヤトリ

ラインプロデューサー

ラフマディヤ・トリア・ガヤトリは、クロスメディア・アーティスト、映画プロデューサー、アートマネージャー、災害研究者。彼女は自身の芸術的プロセスに積極的に取り組み、2016年に「フォールム・スドゥットパンダン」というアート・コレクティブを共同設立した。2017年にプロデューサーとして初の長編映画を制作し、2019年には中央スラウェシのシギ県ピピコロという小さな村で制作された『Mountain Song』を発表。2020年ローマ・アジア映画祭、2020年インドネシア映画祭、2019年ワールド・シネマ・アムステルダム、2019年上海国際映画祭にノミネートされ、いくつかの映画祭で受賞した。

監督へのインタビュー

このドキュメンタリーを制作した理由は?
どのようないきさつからこのテーマに取り組むこととなりましたか?

この作品は、民話や神話といった地元の資料から得られる知識を再読し、それらを現在の生態学的知識の中に文脈づける試みであり、私たちの行き過ぎた人間中心的視点を批判するものです。また、災害を軽減するために役立つ方法についても触れています。

審査員コメント

山本 博之

京都大学東南アジア地域研究研究所准教授 地域研究・メディア学 

2018年の地震と津波で数千人が亡くなったインドネシア・スラウェシ島では、地元のカイリの言葉に「泥に吸い込まれる」という液状化を示す言葉が昔から伝わっていたことに注目が集まった。本作品はカイリの人々とワニの結びつきが描かれる。人とワニは双子で生まれてきて、心がつながりながら陸と水に別れて暮らしていると考えられている。ビーチに立てられている「ワニに注意」の看板は、この作品の鑑賞後に見ると意味が変わって感じられる。

若井 真木子

山形国際ドキュメンタリー映画祭東京事務局「アジア千波万波」コーディネーター

ある高貴な家に生まれた男と双子の兄弟として「生まれた」ワニのお話。カイリの人々の日常と共にあり、史実上、植民地時代、あるいは2018年の大津波の際にも、ワニは有形無形に現れる。古代から今に至るまで、双子が以心伝心であるといわれるのと同様に、人間とワニとの関係性が、先住民の人々の文化に息づいているのだ。考古学者や津波を経験した人の語り、アニメーション、日常風景やサウンドスケープが、軽やかに境界を行き交う物語を紡ぐ。

関連作品