森に生きる女たち / Women of the Forest

マレーシア、サラワク州のボルネオ熱帯雨林は、産業・土地開発のための伐採により消えつつある。カヤン人とプナン人の女性たちは、この人工的な破壊とそれに伴う気候変動の影響により危険にさらされている。気候変動についての対策が、彼女らの性と生殖に関する健康と権利をどのように守れるかを対話から模索する。[…]

View More

母と息子 / Mother & Son

1988年、ミャンマーの民主化運動に参加した息子をもつ1人の母親。より開かれた社会のために闘い、彼らがはらった様々な犠牲を思い出す。彼女の体験は、ミャンマーの多くの家族の苦悩を反映するとともに、政治活動が犠牲を伴うものだということを私たちに知らしめる。[…]

60日 / 60 Days

ミャンマーの教育改革法案をめぐる学生対政府の対立のさなか、60日間の休戦期間が2014年11月17日に提示された。ミャンマーの教育の歴史において、教育改革にむけて重要な一歩となったこの運動に関わった学生たちのインタビューを含みながら探求した作品。 […]

View More

鉱脈 / Vein

採掘所を舞台に、ヒスイの採掘を行う労働者が直面する危険に焦点を当て、ミャンマーのあまり語られることのない現実を描く。 […]

View More

ミスター・ゼロ / Mr. Zero

 挑発的な執筆活動のため、精神疾患の疑いをかけられた作家・翻訳家Bundit Aneeyaの物語。過去3度にわたりタイの不敬罪にあたる刑法第112条で告発されている彼の作品や人生を、深く掘り下げて紹介する。[…]

2人のマイケル / Michael’s

タイ北部にあるミャンマーとの国境の町メーソットとウンピアム難民キャンプを舞台に、2人のマイケルに焦点を当てる。同じロヒンギャ※でありながらも、経済的な状況も育ってきた環境も異なる2人は、それぞれ生活に苦労しながらも、タイとミャンマーどちらにも属さないロヒンギャとしての自らのアイデンティティを保とうと奮闘する。
(※ミャンマーのヤカイン州に住む人々の名称)[…]

View More

ジウおじいちゃんへ捧ぐ / Dedicated to Grandpa Dieu

ハノイ市内の騒がしい路地の小さな一角、質素な家で素朴な生活を営む祖父ジウの日常生活を描く。ジウは1960年代半ばに国連難民高等弁務官事務所でフリーランスの通訳者として働いていた野心家であり、懸命に好きな本を翻訳してきたが、その本を出版しようと試みたことは一度もなかった。 […]

View More

儚さ / Fragile

マレーシアのサバ州に住むインドネシア人家族の生活を、厳しい生活の中でも、歌手になるという夢を持ち続ける12歳の少女ニルワナの視点から描く。[…]

View More

私の足 / My Leg

ミャンマーのカヤー州では、60年以上に渡り異なる民族の武装勢力が独立を求めてミャンマー軍と戦ってきた。敵味方の区別なく、年間約100足の義足を退役軍人たちに提供している退役軍人による義足の作業場に焦点を当てる。[…]

我が政治人生 / A Political Life

ユー・ティン・ソーは、若かりし頃にアウンサンスーチーのボディガードとして自らの青春を捧げ、政治活動に勤しんできた。長い間苦労をかけた妻と家族のために、活動から身を引くことを決断するが、それでも地元の人からの相談事は断れずに、法律相談にのってしまうのであった。[…]

山に響くこだま / Echoes from the hill

タイ北東部、幹線道路からはるか奥地の、電気すら通らない村で暮らす “PgazK’Nyau”(素朴な人々)と呼ばれるカレン民族の村人たちに焦点をあてる。 取り巻く自然のなかで、かれらはどのように生き、何を考え、何を信じ、何を守ろうとしているのか。 Jirudikal Prasonchoomは、その繊細な手法で、かれらの信仰、世界観、調和、自然を護る方法を、映像として捉える。 これと並行して、作品では、かれらの森を国立公園にし、かれらの土地にダムを建設しようとする政府の思惑が描き出される。 映像は、周囲の自然との関係のなかで生きる人々と、地域の開発を正当化する政府の手法との対峙が生み出す緊張を描きだしている。[…]

View More

沈黙の夏 / The Silence of the Summer

この作品は、ベトナムにおける人間社会と環境の関係を描いた複数の物語で構成される。 町中の公園では、夏は繁殖期であるはずなのに、人々はセミや虫の鳴き声を聞くことがない。 田舎の田園地帯では、殺虫剤や除草剤が振り撒かれ、子供達はもう自然が奏でる生命の声を聞くことがない。 実験室では、昆虫学者が近い将来の絶滅を怖れてセミやコオロギなどの標本を集める。 このドキュメンタリーは、ベトナムの風景の中に起きている変化を、痛切に映し出している。[…]

View More

おじいちゃんの水路は永遠にふさがれた / My Grandpa’s Route has been forever blocked

監督のSupaparinya Sutthiratは観客とともに、かつては水上交易の水路として使われてきたピン川を下る船旅に出る。 スクリーンは、現在の川の様子と祖父の代にあった風景とを並べて映し出しながら、変わりゆく川べりの風景に思いをはせる。 1958年のプーミポン・ダムの建設によって、風景は大きく変わってしまった。 監督は、現代のピン川を下りながら、観るものを、過去を理解し、現代社会の問題を見据える旅に誘う。 小さなダムや水門を通り、水源からプーミポン・ダムへ次々と連なる堤防に沿って映し出される映像は、スプリット・スクリーンという革新的技術を駆使しつつ、 川の変化がもたらす衝撃を位置づけるクルージングの旅へと、観るものを連れて行く。[…]

View More

命を守るマングローブ / More than a Tree

ミャンマーの北西部沿岸地域のラカイン州の岸部の村落は、毎年、洪水とサイクロンの被害にさらされてきた。 Malteser InternationalとMangrove Service Networkは、 2008年から2011年にかけて、シットウェというタウンシップの二つの村に対して援助をおこない、 約10,000本のマングローブを植樹・育成し、これが現在5,000人以上の命を守っている。 海岸沿いの風景をアクセントとして挿入しつつ、この作品は、環境変化によって深刻化する災害リスクを軽減するための、 マングローブ林復元の重要性を映し出す。 とりわけ、共同体を守り助けるための環境重視の構想において、村の女性たちがいかに重要な役割を 果たしてきたかを、繊細に描き出す。[…]

View More

最後の世代 / The Last Generation

インドネシアの大アチェ州の沿岸村における漁業資源の減少を描く。 監督のDarang Melati Zは、漁民たちに対して丁寧なインタビューをおこない、 漁師による違法な漁業活動がもたらすグループあるいは個人への影響を明らかにする。 作品は、沿岸を破壊し、広大なサンゴ礁を死滅させ、漁獲量の激減をもたらした2014年のインド洋大地震を背景としている。 爆発漁法中の事故で両脚を失った漁師へのインタビューを通して、 地域の漁業社会が直面する厳しい現実と不安が描き出される。[…]

View More

Lives under the red light

In a small alley in Hanoi’s old town, where lots of families have been living together, a woman lives with her second son together with the family of her first son. Her life is a series of relentless working years along with uncompensated losses. At an old age, she still sells green tea daily to support herself and her mentally incapable son.[…]

View More

Consider

Tay is a teenage “kathoey” (ladyboy) a member of the relatively well-tolerated transgender group. Kathoey take on traditional female roles, and are sometimes described as a third sex. This documentary follows Tay and observes the acceptance of his orientation at his Christian school Saint Joseph Mueang-Ake. The documentary peers into the daily life of Tay[…]

View More

The Burmese in Thailand

Portraying the lives of Burmese workers in Thailand this documentary shows how they work and their living conditions. It focuses on a Burmese worker “Jet” who works in a “Tom Luead Moo” shop and spends 20 hours a day managing all the daily tasks.[…]

View More

On the Streets

This film is about the lives of young men and women who earn their lives by selling sugar, singing and dancing on Ho Chi Minh city’s busy streets. The film offers a window into the life of Dien whose job is just not a way to earn a living. It also comes from his love for singing, where the streets are his only stage. Bi and Ti a couple who fell in love with each other […]

View More

Pamana

This documentary tells the story of an Agta-Dumagat-Remontado community in Quezon Province who face the threat of losing their ancestral land. Various developmental projects by lowlanders have caused socio-political, economic, and environmental consequences, affecting both Agta and lowland communities[…]

View More

For Rainy Day (Vietnam)

In a small alley in Hanoi’s old town, where lots of families have been living together, a woman lives with her second son together with the family of her first son. Her life is a series of relentless working years along with uncompensated losses. At an old age, she still sells green tea daily to support herself and her mentally incapable son.[…]

View More

Ageing Bangkok (Thailand)

Population aging is becoming significant issue in Thailand, yet there is still a lack of state’s policy to develop the well-being of the elderly. This documentary focuses on the life of an old woman aged 84 named Ood, who has to fend for herself. Ood, previously an actress for films and TV commercials until the age of 62, seems independent, yet this documentary unintentionally shows her loneliness. […]

View More

Caring for the Cradle: Mangyans and Maternal Health (Philippines)

This documentary looks at how an indigenous group called the “Mangyan” (Alagan), in Mindoro Oriental, an island 6 hours away from Manila. It documents how their traditional birth methods are threatening them and why it’s not so easy for them to get modern medical assistance. The documentary also shows how a simple idea can help the Mangyan reduce their maternal mortality rate. […]

View More

Glass Man (Myanmar)

Kaung Htet is 20 years old and only 3 feet 9 inches. He is suffering from osteoporosis, with bones like glass which have been broken over 40 times since birth. When he was a child, he was afraid of going out in public and depressed about his situation. However, since he was sent to the School for Disabled Children, his point of view on life and his mindset have changed. […]

View More

The Clinic (Myanmar)

The Clinic shares the relationship between a 45 year old doctor and his clients. The protagonist, the clinic doctor, was brought up and trained under the education system of Myanmar socialist regime. Nonetheless, he made his own living as a clinic doctor. His clients come up with their different problems while he has own personal conflicts. This documentary developed as way to respond to his dilemmas. […]

View More