VDP2020
- LOVE -
loading...


ミャンマー, 14分


父を想う

監督:

– エー・チャン


Watch

父を想う

30年前、ジェニーがまだ小さな子供だった頃、彼女の父は家族の元を去り、軍事独裁政権と闘うビルマ人学生の運動に加わった。父は二度と戻らぬ人となった。現在、ジェニーは成長し、自分の家庭を持つ一人の女性となり、難民援助員として働いている。そんな彼女が革命家だった父の最後の消息をたどり、何十年も続くこの国の争いが、彼女の家族や、実に世代全体に及ぼした影響について考える。このドキュメンタリーは、1980年代後半の紛争の影響を受けながら、失った父親を探し求める娘の姿を細やかに描く作品だ。


VIEW MOVIE


このドキュメンタリーを制作した理由は?
どのようないきさつからこのテーマに取り組むこととなりましたか?

私が主人公のジェニーに会ったのは、私が2017年にミャンマーのカヤ―州、ロイコーに居た時です。その時、彼女の父親が1988年の学生運動で亡くなっていた事を知りました。この話を聞いて、私は大変興味を持ちました。その後、ヤンゴン映画学校(YFS)は、2019年に「若者と平和」というテーマで映画コンテストを開催しました。それで、このドキュメンタリーを作ろうと考えていた時に、彼女の事を思い出したのです。彼女はタイとミャンマーの国境沿いで、カヤ―難民の援助活動をしていました。撮影班が彼女の活動を知るにつれ、やはり彼女も非常に強い女性である事が分かってきました。それに、彼女の両親の関係も、さらに私の関心を引くものでした。それだけに、このテーマ自体に集中する事は難しく感じられました。でも何とか、この美しい物語を映画にする方法を見つける事ができたのです。

– 監督: エー・チャン

VIEW
Close