VDP2020
- LOVE -
loading...


マレイシア, 16分


紅酒鶏

監督:

– グレース・チュン・ライウイ


Watch

紅酒鶏

「紅酒鶏」はマレーシアのヌグリ・スンビラン州、ブキッ・ぺランドゥに住むマレーシア人男性と結婚した、ベトナム人の花嫁、阿嬌 (アチャオ)を描いた作品。本作では、二人の関係とあわせて、アチャオが家庭内での自分の立場を思案する姿が焦点となっている。福州の伝統料理である紅酒鶏、それに家族と食事をめぐって物語が紡がれる。人と人との様々な関係のあり方に思いを巡らせる作品だ。


VIEW MOVIE


このドキュメンタリーを制作した理由は?
どのようないきさつからこのテーマに取り組むこととなりましたか?

このドキュメンタリーは、プロデューサーの叔母で、この作品の主人公でもある阿嬌(アチャオ)から着想を得て作られました。私たちがこの映画を作った訳は、花嫁としてマレーシアにやって来る女性に対し、社会にある種の差別やステレオタイプがあるからです。もう一つの理由は、マレーシア人の若い世代が、自分の文化の伝統料理のレシピを受け継ぐことに、あまり興味を示さなくなってきたという事情です。この映画を見る人に分かってもらいたい事があります。それは、本当の愛を見つけるには、たとえそれが一般的な手段ではなくても、色々な手段があるという事です。そして、自分たちの文化や伝統を忘れるべきではないという事について、皆さんにも考えて頂ければと思います。

– 監督: グレース・チュン・ライウイ

プロデューサ

エンジェル・ユエン・イーチェン

エンジェル・ユエン・イーチェンは、マレーシア人の映画作家で、基礎芸術学を学び(2018)、トゥンク・アブドゥル・ラーマン大学でコミュニケーション(学位)と放送学の学位を取得した(2020)。「紅酒鶏」のプロデューサーを務める。レブ・アジアで編集アシスタントも務める。このドキュメンタリーは、エンジェルの叔母で、作品に登場するベトナムの人花嫁のアー・チャオの存在から着想を得て製作された。

VIEW
Close